【中小企業向け】低価格で小規模から始められるRPA・RDAツールまとめ

【中小企業向け】低価格で小規模から始められるRPA・RDAツールまとめ

RPAツールアイキャッチ

定型業務を記録して、ロボットが高速・正確に処理を自動実行するRPA。自社でも導入を検討するため、ツールをお探しではないでしょうか。

国内外を問わずさまざまなRPAツールが提供されていますが、本記事では中小企業向けに無料・有料ツールを紹介しています。以前はRPA導入に莫大な投資が必要で大企業にしか縁がないと思われがちでしたが、近年は安価な製品も増加中。

また、数あるツールのなかから選定する際の注意点も解説しています。注意点をチェックすることでツール選びの失敗を防げるのでぜひご確認ください。

中小企業にはRDAがオススメ

ツールの紹介に移る前に、RDAという言葉をご存知でしょうか。中小企業にはRPAよりRDAが断然オススメです。

RDAとは、Robotic Desktop Automationの略でデスクトップPCで動く業務自動化の仕組みです。従来のRPAはデスクトップPCを束ねる管理用のPC(サーバー)が主体でしたが、RDAは個人用PCで動作します。

RDAをオススメする理由

中小企業にRDAをオススメする理由は以下の2つです。

  • サーバーを購入する必要がなく、ライセンス費用も安価
  • 個人用PCを使用するので、導入スピードが速い

RDAはRPAより導入コストが低く、導入スピードも速いことが大きなメリット。大企業のように数十台のロボットを管理できるサーバー型のRPAでは規模が大きすぎます。1台からスモールスタートできるRDAが中小企業には現実的です。

中小企業向けRDAツール5選

RDAツールは各社さまざまなツールを提供していますが、本記事では中小企業向けに5つのツールを厳選して紹介します。各製品の価格や特徴も解説しているので、自社業務に照らし合わせて最適なツールを選びましょう。

「SikuliX」無料で使えるオープンソースRPA

SikuliX

SikuliX」は無料で使えるオープンソースのRPAツールです。画面操作の記録方法として画像認識を採用しており、アイコンや入力フィールドを画像として識別して処理します。簡単な処理なら手軽に構築できますが、少し複雑な操作になるとプログラミングが必要です。

【価格】無料

【 特徴 】オープンソースだから自由に使える。少し複雑な処理をしようとするとプログラミングが必要。外部委託あるいはIT部門を有する企業向き。

「RPA Express」OCR付属の完全無料RPAツール

RPAExpress

RPA Express」は米WorkFusion社が提供する完全無料のRPAツールです。有料版としてRPAをはじめ、AIやOCR、データ分析基盤が付属した「Smart Process Automation」を販売していますが、「RPA Express」は無料にて提供。使用できるユーザー数に制限がありますが、OCRも付属しており、機能は申し分なし。日本語版がないため、すべて英語での操作が必須です。

【 価格 】無料

【 特徴 】OCR付属で無料なのに高機能。無料版は制限があるものの、受発注業務や伝票処理など紙媒体を扱う処理にも適しています。

「UiPath」直観的な操作性と堅牢なセキュリティ

UiPath

UiPath」は直観的に操作できる開発環境に定評のあるRPAツールです。ドラッグアンドドロップで業務フローを容易に作成できるため、運用担当者だけでも安心して利用可能。セキュリティ面も堅牢で、国内金融機関の採用実績も多くあります。

気になるライセンスですが、「個人ユーザー」「エンタープライズ」「その他の法人」で利用条件が異なります。「エンタープライズ」の定義は以下の通り。

エンタープライズとは(a)250台以上の端末数(物理または仮想マシン)またはユーザー数、または(b)年間売上で500万米ドルを超える金額(または他の通貨で同等の金額)のいずれかを有する組織(適用法で定義)を指します。エンタープライズは、評価とトレーニングの目的でのみUiPath StudioとUiPath Orchestrator Community Editionを使用できます。

https://www.uipath.com/ja/resources/free-trial-or-community

「エンタープライズ」ではない小規模事業者(その他の法人)は最大5台まで無料で「UiPath Studio Community Edition」を利用できます。

※ライセンス規約が変更される場合があるため、正確な情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【 価格 】ライセンス(その他の法人)を満たす場合、5台まで無料

【 特徴 】直観的な操作が可能な優れたインターフェース、堅牢なセキュリティがウリ。日本語対応済み。

「Autoブラウザ名人」ブラウザ操作に特化した自動化ツール

Autoブラウザ名人

Autoブラウザ名人」はユーザックシステム社が提供するブラウザ操作に特化した有料のRPAツールです。WebEDIとの連携やデータ収集などブラウザ上の操作を自動化でき、400社以上の企業に導入されています。名人シリーズとしてPC操作を自動化する「Autoジョブ名人」、メール操作を自動化する「Autoメール名人」を提供しており、使いどころに合わせたRPAソリューションを選択できます。

【 価格 】
Autoブラウザ名人開発版年間ライセンス400,000円(ロボット作成に必要)
Autoブラウザ名人実行版年間ライセンス87,000円(ロボット実行に必要)

【 特徴 】ブラウザ操作の自動化に特化。低価格で導入実績も豊富。ブラウザ操作以外もPC操作やメール操作に特化した名人シリーズを展開。主にWebEDI連携やデータ収集に適しています。

「WinActor」純国産、国内シェアNo1のRPAツール

WinActor

WinActor」は言わずと知れた国産RPAツールで、2,000社以上の導入実績を誇ります。ブラウザ操作やOffice連携はもちろん、ERPやOCR、他システムとの連携も可能。高機能なのに比較的安価な点も選ばれる理由の一つとなっています。

【価格】約90万円(年間ライセンス保守料込み)

【特徴】完全日本語対応で高機能。全国にパートナー企業が展開し、安心した技術サポートを受けられる。

RPAツールの選び方

RPAツールを選定する際のコツは3つ。インストールタイプ製品特性運用形態です。この3点を抑えることでRPAツールの選定がスムーズに進むので、ぜひ参考にしてください。

デスクトップ型かサーバー型か

RPAツールにはデスクトップ型とサーバー型の2つに分けられ、冒頭でも解説したとおりデスクトップ型PCで動く自動化の仕組みをRDA呼びます。それぞれインストール方法が異なり、価格と運用方法に影響します。

デスクトップ型は個人用PCにインストールして利用するタイプで、安価で導入しやすいのがメリットです。その反面、1台ずつ業務フローを記録する必要があり、運用台数が増えるほど手間がかかるのがデメリット。業務内容やPC環境が変更されると、再度自動化環境を設定する必要があることに要注意です。

一方、サーバー型はその名の通りサーバー(管理用PCあるいはクラウド)上に構築するタイプです。サーバーからロボットを一元管理できるので、運用台数が増えても管理が楽になるメリットがあります。しかし、一般的にサーバー型はライセンス費用が高く設定されており、サーバーの管理者も必要となることから規模が小さいと費用対効果を期待できません。

スモールスタートで始める分にはデスクトップ型がオススメ。運用するロボットが増えてきたらサーバーから管理できるよう構成を見直し、改善のサイクルを回していきましょう。

対象業務を自動化できるか

業務を自動化する以上、対象業務の自動化可否を検討すべきです。RPAは万能ではなく、あくまで、記録した画面上の操作をそのまま実行するだけ。RPA製品によっても得意分野が異なるため、対象業務を整理してからそれに適したRPAツールを選ぶ、という順で進めるとスムーズです。

自社運用か外部委託か

RPAツールによっては複雑な操作を自動化する場合、プログラミングを必要とする場合があります。自社にプログラミングスキルを有したIT部門がいなければ、当然外部に委託する必要が出てきます。外部委託は自社業務を委託先に依存するようなものでリスクが高いといえるので、自社運用が理想です。

しかし、RPAは業務フローをシナリオ形式で書き記すため、業務ノウハウがたまらないというデメリットはそれほど問題にならないでしょう。最初は外部委託でもRPA教育を進めて最終的に自社運用を目指しましょう。

まとめ

中小企業向けにRPAツールを5つ厳選して紹介しました。なかでもデスクトップPCで動くRDAは低価格で気軽に導入できるのでスモールスタートにオススメです。無料で使えるツールもあるので、ぜひ一度触ってみてRPAの効果を体験してみてください。

選定の際は対象業務の自動化可否と運用体制を要チェック。なんでもRPAで自動化できるわけではなく、ツールによっても自動化範囲が異なります。また、運用体制についても自社運用が理想です。IT部門がなければ外部に委託するほかありませんが、RPA教育を通して将来的に自社運用を目指しましょう。

バルモアではRPAツールの導入から開発、運用、保守まで業務自動化を支援しています。RPAの従業員教育も提供し、自社で継続的な業務改善を続けられる組織づくりをお手伝いします。